bm-head

About Burning Man / バーニングマンとは

バーニングマン(Burning Man)は、アメリカ合衆国ネバダ州ブラックロック砂漠で毎年9月最初の月曜日(Labor Dayという祝日)までの7日間に渡って開催される、参加者主導型のアートフェスティバルです。
バーニングマンは1986年にサンフランシスコのベイカー・ビーチで、ラリー・ハーヴィーとその友人たちが2.4mの木製の人形を作って燃やしたことから始まりました。毎年開催するうちにベイエリアを中心としたアンダーグラウンド・カルチャーシーンでの注目を集め、人形(The Man)のサイズも10mを超えるにつれ、数百人規模の群衆が集まるイベントに成長しました。1990年にはネバダ州のブラックロックデザート(Black Rock Desert)へ会場を移し、以来バーニングマンはこの北米最大級の砂漠で参加者数を増やしながら拡大し、会期中はさながら砂漠の中に街ができるようだとブラックロックシティ(Black Rock City)と呼ばれるほどになりました。

ファミリーピクニックのように始まって、1990年代にはまだ「知る人ぞ知る」アンダーグラウンドなイベントだったバーニングマンも、数多くのWEBサイトやテレビ番組等で紹介されるようになりました。2010年には参加者数が5万人を超え、2011年には初めてチケットが売切れ、2015年には6万8000人の参加を見込んでいます。

また近年、バーニングマンに参加した経験を元に、全米各地そして世界各地のコミュニティでバーニングマンのようにユニークな参加者主導型のアートイベントを開催する動きが活発になってきました。バーニングマンの影響はブラックロック砂漠の会場から国境を超えて、参加者それぞれの地元コミュニティー(Regional)へも還元され、新たに実を結ぶバーニングマンネットワークの時代に突入しています。